「戦略的早上げクラン」という名の不条理マッチングに愚痴を言うと「ポリティカルコレクトネス」に踏みつぶされそうになるよ

2016年11月15日

お疲れ様です、pontaです。
 
 
「群馬帝国遠征軍 海軍」が戦略的早上げクランとマッチングしました。
 
「戦略的早上げ」とは、意図的に、攻撃力超過の村をそろえて、勝利に有利な対戦マッチングを引き寄せる手法のことです。
 
戦略的早上げ垢も、早上げクランも特にふくむところなく、まあむしろ「いいんじゃね」って感じです。
 
「環境に最適化し、マッチングを支配したクレバー集団」と尊敬すらしている。机上では。
 
しかしこうして実際にマッチングして、へったくそな攻撃による物量作戦でゴリゴリ押しつぶされていくのを見ると複雑な気持ちを隠せない自分がいる。
 
 
これがもし逆の立場だったら「ウヒャヒャヒャハ俺たちTUEEEE」って感じなんだろうか。そうかもしれない。勝利が正義なのだから。
 
 
頭ではそう理解しつつ、心で相手を「格下しか相手にできないグレートチキン・クソクラン」と思わなくもない。
 
「戦略的クソ逃げクラン」なんて脳裏をかすめなくもないけれど、それは口にしちゃいけないことだ。
 
って、こんなことを書くと、世間の、リベラル面をした「ポリティカルカルコレクトネス」がしたり顔で僕に言うんだ。
 
「勝利のためにルールの範囲内で知恵を絞ることの何が悪いの?」
 
 
「負け惜しみですか?」
 
 
「実力ではねかえせばいいことじゃないですか?」
 
んなこたあ、お前に言われんでもわかっとる!!(by 前田智徳の顔まねで)
 
こちとら、何年クラクラやってると思ってんだ!
 
胎児が保育園に入るより前から戦略的早上げクランとは戦っとる!!
 
このブログがね、チーダ垢という戦略的早上げ垢を広めたこともある。文句をいう筋合いはない。
 
だからそういう「正しい」理屈はいいんだ!
 
ただ、目の前の、そうこの目の前のクソみたいなこのクランに対するムカつく気持ち。僕はね、これを大事にしたいといってるだけなんだ。
 
「大人はわかってくれない」
 
そんなふうに涙をぬぐう私に対し、目の前に立ったトランプ氏が、
 
「味方にいるときは戦略垢、敵にいるときはズルッコ垢!!!」
 
彼がそう力強く語りかけてくれたら、思わず投票してしまうかもしれないなあ。
 
格上に踏みつぶされた哀れなわが村を目の当たりにしながら,68年ぶりというスーパームーンを見上げるpontaなのでした(雨で見えない模様)。
 
以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta