日本クラクラ界を盛り上げるための10か条

お疲れ様です、pontaです。

下記、「日本のクラクラを盛り上げるにはどうしたらいいか」に関する思考のたな卸し。読んでもつまらないと思います。さあ帰れ!帰ってくれ!


—————————
(以下、自己責任で読んでください)

まあ、日本のクラクラはすでにピークは過ぎていて、盛り上がりという点では瀬戸際にあると個人的に思っています。

ただ、「イン率は下がったものの細々と続けているプレイヤー」もまだ多くおり、家計にたとえれば「収入は減ったけど、たんす預金が豊富にある」状態。

今が最後のチャーンス!チャンスなんですよ奥さん。わりとけっこう土俵際。日本クラクラ。マジで。信じて。どうかお願い。

そして下記が「去年までの日本クラクラ界になかったもの」「あるべき姿」です。私の独りよがりかもしれませんが。それをどうすべきか。ずっと考え続けています。

「なるといいなリスト」じゃなくて「するリスト」です。(自分を追い込み)

———————————————————–

1)「日本一」の明確化

乱立するタイトルを統一し、真の日本No.1クランを決める戦いがあるべきです。そしてこれはどっかのクランや配信者レベルでやるというのはもはや違うと思っています。SNSクローズドではダメ!

———————————————————–

2)世界戦

昨年はどのクランも国内戦にみな注力してましたが、世界の強豪クランと戦うことによりTOPクランのモチベを高めたいです。また、あわせて日本クランのプレゼンスが世界で高まるといいなと。でもこれはもうそういう流れになってますね。

——————————————

3)自クランへの帰属意識の復活

人材が流動化し、クランの存在価値があらためて問われるなかで「クランのために」という原点回帰の流れをつくっていきたいです。

——————————————

4)「仲が悪い」を大切に
 
品のない誹謗中傷は論外ですが、「仲が悪い」は対戦を盛り上げる貴重な資産です。見る側も、やる側も。負けず嫌いのぶつかりあいこそがイベントを盛り上げる最高のスパイスです。
 
——————————————

5)オンリークランからMIXクラン復活へ

戦略的早上げクランの増加によりMixクランのマッチングがつまらなくなっていましたが、大規模MIXこそがクラクラの華だという信念があるので。

——————————————

6)TH11と10への注目度UP
 
TH9もすばらしいですが、それだけだとちょっと。最高レベルの戦いへの憧れがないとダメですよやっぱり。

——————————————

7)発信力がなくともすばらしいクランの掘り起こし

なんとなくアイディアが固まってきました。
 
——————————————

8)配信者の増加

これは私の不得手ですが。いざ何かをやろうとしたときに現状、人が足りなすぎる。動画・ブログともに。この点で、エメドラさんとけいすけさんを育成したドズルさんはすばらしいなと思います。

——————————————

9)スターの登場
 
特に高THプレイヤーですね。上記の1)-8)がかみ合えば自然と出てくるでしょう。

———————————————————–

10)ゆるふわクランのモチベアップ

ガチやトップレベルのクランは上記でいいとして、たとえばリア友同士が集まっているような大半のゆるふわクランのモチベにもリーチしたいっす。

———————————————————–

私もいつどうなるかわからないので(家庭的に)、そのときは遺志を誰か引き継いで・・・クロロさんあたり、よろしくお願いします。とりあえず4月まではがんばる。


なんにせよ、2017年が終わるとき、「クラクラ界がやばいだなんてどこの話?」となればいいなと思っています。


すみません、次回はもっとくだらないこと書きます。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta