• このエントリーをはてなブックマークに追加

ミックス戦の魅力をシロナガスが語った夜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。お疲れ様です。

先週、大阪出張の際にクラメン数人と飲みました。
シロナガスさん、くーぱつさん、ぽっちゃこさん、たおいえさん、官兵衛さん。ありがとうーっ。

その中でくーぱつさんがシロナガスさんに聞いていた言葉。「なぜ群馬なんすか?」が印象深かった。

シロナガスさんといえば日本のTH11で、スキルがトップクラスの剛の者。

そして上手い人は、自分より上手い人がいない環境には長居しないもの。

今はともかく昔の群馬はTH9がメイン層なわけで、シロナガスさんも、普通ならば別のクランに出ていっても仕方のないところでありました。

「ポンタに過ぎたるものが二つあり。浪速のシロナガスとWillyのイラスト」と言われたことも一度や二度ではありません。ゼロ度です。(文意の急展開)

しかしシロナガスさんは群馬に残り、よちよち歩きの群馬TH10をryunomariさんとともに育て上げ、大阪クラッシュも優勝に導いた。私も足を向けて寝られねぇなウシャシャシャといったところです。
そんなシロナガスさんがなぜ群馬に残ったか。
ポンタの魅力、溢れ出るカリスマ、、、かと思ってニヤニヤ待ち受けていましたがそうではなく。決してなく。

「mixが好きだから」とのことでした。

そこから語られたシロナガスさんのmixに対する熱い思い、深い知見は非常に貴重なものであり、私も詳細なメモを取らずにはいられませんでした。



この長い(4行の)メモにもあるように、ミックスの「全員で勝つ」のが良いと。
TH10オンリーは、1人か2人の天才がいれば勝つ。
しかし大人数のミックス戦は全員がやるべきことをやらないと負ける。やるべきことをやれば勝つ。団結力で勝てる。それが好きなんだと。
個ではない、団体の力。指揮力で変わる結果。

それがシロナガスさんは好きなんだと。
クラクラの魅力はそこにあり、群馬の原点もそこにあると、改めて教えてもらった思いでした。

他にもいろんなことを語りましたが、あとは上記メモを読んでもらえれば大体はわかるかと思います。

よい夜でした。そしてクラクラはいいゲームです。

以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。