ヒーラー姉さんが斬る!第45回『TH9でボウラーを使う人に納得いきません』

 nesan

「ヒーラーでぇす」


muramusume

「村人です」

nesan

「ひさしぶりだね本当に」

 

 

muramusume

「さて、今日は久しぶりに質問が来たので読み上げます。

『こんちは!まだヒーラー姉さんのコーナー、やってますか?ww』

 

nesan

「wがむかつく」

 

muramusume

『TH9プレイヤーがボウラーを使うのってどうなんですかね!?
 僕はなんかやだなと思います。ヒーラー姉さんはどう思いますか?』
とのことですが」

nesan  

「なるほどねぇ。」

 

muramusume

「最近よく聞く話ですね」

nesan

「ボウラーねえ。強いもんねえ」

 

muramusume

「ヒーラーさんは使われるの、いやです?」

 

nesan

「嫌ってことはないけど」

 

muramusume

「どんどん使うべき?」

 

nesan

「どっちでもいいかな」

 

muramusume

「なるほど。『ガタガタと、ゴールデンボウルが小さいこと言うな!』と」

 

nesan

「いらないから。久しぶりの登場で下ネタはいらないから」

 

muramusume

「私は使ってもいいと思いますけどねえ」

 

nesan

「でもまあ、ボウラーが嫌って言う人の気持ち。私はわかる気がするんだよね」

 

muramusume

「というと?」

 

nesan

「なんていうのかな。繊細にプランニングしてるところに、ボウラーで乱暴に対空砲を叩き折られると、『そういうことじゃないだろう』『美学に反する』みたいな感じはちょっとするのかな?」

 

 

muramusume

「そうですか?」

 

nesan

「たとえるなら、知恵の輪が解けないからって力づくで引きちぎった、みたいな」

 

muramusume

「なるほど。ヒーラーさんが、ゴブリンの腕を食いちぎったときみたいに・・・」

 

nesan

「食いちぎるかー!勝手なエピソードを追加するな」

 

 

muramusume

「口から血をしたたらせながら・・・」

 

nesan

「あたしゃゾンビか!」

 

 

muramusume

「死んだ魚のような目で・・・」

 

nesan

「ガチ悪口ー!」

 

muramusume

「TH9ボウラーって力づくです?」

 

nesan

「まあ空軍みたいな緻密さは要しないよねー」

 

muramusume

「でもきょうび、バルーンもたいがい力づくだと思いますけど」

nesan

「こらー!」

 

muramusume

「TH9ボウラーが嫌われるのは、乱暴だから、だけです?」

 

 

nesan

「あとはまぁ、『卑怯』という感覚もあるんだと思うよ」

 

muramusume

「ひきょう?トチギ県ですか?」

 

nesan

「え?」

 

muramusume

「とくにフクシマとの県境が、ひどい」

 

nesan「それは秘境だから。卑怯だよあたしがいってるの。あと秘境じゃないからねートチギは。怒られるからねー、やめなさいねー。イチゴ最高に美味しいよー」

 

 

muramusume

「ずるい、のほうですよね。すみません。ボウラーは卑怯だと?」

 

nesan

「いやボウラーが卑怯っていうか・・・たぶん、そのタウンホールレベルでは使えないユニットを使って全壊することが正当な行為じゃない、っていう感覚があるんだと思うよ」

 

muramusume

「というと?」

 

nesan

「うーん。子供の喧嘩に親が出る、というか。」

 

muramusume

「え、TH9は子供ですか!?TH10が大人で、TH9は子供扱いですか?みなさん、失言です。失言ですよこれは。荒らしましょう!ヒーラーさんの傲慢な思い上がりに対し、炎上という手段で対抗しましょう。コメント欄にレッツ・スケルトンラーッシュ!」

 

nesan

「もーめんどくさいなあーもうー!」

 

muramusume

「そもそも、ふつうにみんな、MAXレベルのゴーレムとか使ってるのに、なんでボウラーだけがだめなんです?」

 

nesan

「んー。クランレベルは対戦で得られた正当な権利だからいいけど、ボウラーは違う、っていう感覚かなあ」

 

muramusume

「こだわりですねー」

 

nesan

「まあ、それはそれで、やっぱりそれが大会ルールなら従うのが正しいし、そういう縛りがないならなんと言われる筋合いもないし。とか思うけど。ま、TH9でボウラーを使っても使わないでも全壊が取れるっていうのが理想なのかな」

 

muramusume

「さすがヒーラーさん。ゴールデンボウルが大きい」

 

nesan

「ないわ!」