• このエントリーをはてなブックマークに追加

クラクラの公認リーグに関するひとりごと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラクラのリーグについて、一年くらい考えている。「理想のリーグ」について、答えは出ない。何をどう頭をひねっても「これじゃない」がつきまとう。そもそもクラクラは、他人の戦いを見て楽しむことが非常に難しいゲームだ。やって面白く、手に汗握る神ゲーム。しかし万人が見て、万人に刺さるコンテンツを作ることが非常に難しい。

そもそも、THごとに区切られている。配置の再現性がない。未経験者が見てわかりづらい。

自分のクランの戦いを見るのは楽しい。すごく楽しい。だけど、縁もゆかりもない、それもTHが異なる人の戦いを見て興味を持つのはけっこう、ハードルが高い。

私は昨年「こんなイベントがやりたい、あんなイベントがやりたい。みんなが参加して、みんなが楽しくて、みんなが満足するようなやつ」という夢を持っていたけれど、「やって楽しいと、見て楽しいは違うんですよ。pontaさん」という某YouTuberの言葉に目が覚めた。その言葉は今も重くのしかかる。その二つを容易に両立させるクラロワはすごいなと素直に思う。

クラロワはそのために作られたのだなとも思う。

悲観論で終わるとアレなので、「いや、クラクラは見ても楽しいはずだ。クラクラはこんなもんじゃない」という気持ちがあり、「VERSUS」でほんのちょっとお手伝いをさせてもらったり、「日本代表戦」を取り仕切ったりした。

ただしリーグは難しい。よそのクランの活躍を、誰がうれしく思うだろう。活躍して欲しいのは自分であって、他人ではない。

「有名なクランは見飽きた」というのは本当だと思う。しかしもっと突っ込んでみると「有名なクランはもう見たくない、けれど有名じゃないクランを見る理由もない」というのが本当だろう。

「これじゃない」。けれど、「それでもない」。

「すごい戦いを自分でしたい」というコアユーザーのニーズに対し、「すごい戦いを見てほしい。他人のだけど」というところでそもそも食い違っているのかもしれない。

つきつめればみんなを楽しませるのは「トーナメント」しかないと思う。

決勝になると自分が関係なくなって、誰もが興味をなくすトーナメント。だけどすくなくとも一回戦は盛り上がるだろう。リーグは不利だ。

ただそんな中で、公認リーグを楽しみにしてくれている人はたくさんいる。期待も大きい。

コアユーザーとは別の層が「このクランのリーグが見たい」と言ってきた4クランだ。そこは信じるに足るだろう。信じている。

そして、語弊があるかもしれないけれど「参加者が面白いリーグ」「参加者みんなが満足するリーグ」は、作れる。そしてそれは公式が携わる必要がない。いろんな人が携わって、いろんな人がすでに素晴らしいリーグを作り上げている。

しかしそれはユーザー側で十分だ。優秀な運営のできる、勤勉でゲームを愛する人たちが、すでにたくさん作っている。

いっぽうで「すその広く、たくさんの人が見てくれるリーグ」というのは難しく、チャレンジングだ。けれどそれができたらクラクラの可能性はぐっと広がるとは思う。

いろんな難所はある。そんなことは百も承知だ。みんなプロだから。クラクラをたくさん、遊んでいるから。でも、そういうクラクラの欠点は踏まえたうえで、クラロワのほうがずっと簡単なのに、ひょっとしたらそっちのが儲かるかもしれないのに、それでも「クラクラリーグには可能性がある」と思ってくれた公式さんの中の人や、ウェルプレイドの中の人の心意気を私は知っている。

「クラクラへの恩返し」という言葉を聞いている。

なので今回のリーグが長く続き、理想の形に練り上げられ、プレイヤーや運営に携わった人、SUPERCELL社、すべてに幸福なリターンがあることを祈るし、だからこそ、私もできる限り手伝いたいと思っている。

派手な花火じゃなくても、火がついている限りいつかは燃える。


以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. えみ より:

    ぱちぱちです👏応援の気持ちにわたしも素直な共感を覚えました。

  2. より:

    初めまして。私事になりますがクラロワを少しやりましたが楽しさを感じられず、尚且つ動画を見ても楽しいと思えない1人です。
    クラクラは約1年ちょい続いています。勿論、動画を見てもプレイしても楽しい思えるから続いています。

    きっとどちらが楽しいとか楽しさを感じないとかは個人の好み(性格)なのかも知れませんね。

  3. より:

    「自分たちの身内でだけで盛り上がる」ことこそが十分に到達点だったと思う。
    スキル上達を目指し、全壊動画を食い入るように見続けていたのも身内の中での物語を楽しみたいから。
    有名クランの門戸をたたくのも物語の一枝。出戻りもまた然り。

    しかし、アンフェアなマッチングが向上心ハードルを上げてしまい対戦モチベ低下を招き過疎化に至ったのは事実。
    「向上心が中の上」以下の大多数の人たちの「内輪で物語を楽しめる環境」を奪ったことが最も大きな分岐点だったと感じます。

    クラクラの場合、小さな村の中での内燃が世界各地でたくさん起こっていることが正しい繁栄のカタチなのかも。
    無理やりにベクトルひん曲げて外に向けようとするから行き詰まってしまうように見えます。

    やめて3ヶ月経ちますがポンタさんの戦いは遠くから応援しています。

  4. 残念 より:

    お疲れ。早よ引退しなね。
    もうポンタさんのイベントはつまらんことがわかってるからさ…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。