• このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまでクラクラやってんのか知らないけどさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お疲れ様です、pontaです。

仕事が絶賛、繁忙期です。

日本代表戦のころはヒマだったからいいんですが、10月から忙しくなってまいりました。

毎日帰宅も午前様。ミスったら社会的に死亡する数字と涙に溺れながら、圧倒的に歯を食いしばって仕事をしています。特別ではない、ありふれた日本のサラリーマンの姿がここにあります。

群馬帝国遠征軍を立ち上げてからのあれやこれは、読者のみなさんもすでにご存知のことかと思います。その裏で、転職あり、試験あり、出産あり、ローンあり、出世あり、降格ありのありふれた人生をつむいでおります。頑張っています。

浮かれたり落ち込んだりおちんこでたり、その傍らにはいつもクラクラがありました。

いいトシになってきて、まあ別に良くも悪くもない人生の中で、アプリに入れたゲームのおかげで、それまでの人生では想像もしなかったような人や出来事に出会うことができました。

ブログが数千万回読まれたり、「ファンです」って言われたり、ゲームショウにお邪魔できたり、Youtuberが有名になったり、芸能人に会ったり、放送作家の真似事をしたり。大好きなゲームの会社にお邪魔したり。

10代の、キラキラした、まだ何ものになるかわからない。そんな才能ある少年の道が開けるのとはまた違う。

普通に生きて、普通に死んでいくはずのおっさんが、人生の下り坂に差し掛かる段階で「君にはこんな才能があるんだよ」と言われる不思議さ。

夢はかなうとかいうやつではなくて、特に描いていない方に引っ張られる面白さ。

実業と虚業のクロスロードで楽しむ日々。

出張先では自分のクランの人と会ってお酒を飲む。年齢も職業もバラバラで、話すことといえばゲームのことばかり。職場の粘っこい人間関係とは違う、一期一会の楽しい時間。

このトシになって、新しい友達がどんどんできる幸せをかみ締める。

子供のころは、ゲームをやると怒られた。勉強しろと叱られた。
それはまあその通りで、親の立場になるとそうだよなあと思うんだけど。

医者になれとか、公務員になれとか。強制する親ではなかったけれど、そういうものを望んでいるのは見てとれた。それでも私は、ゲームばっかりしていた。

だからゲームをしていると、いまだにどっか後ろめたく。でもやめらんないんだよね楽しいんだから。願わくば死ぬまで、じじいになってもゲームを好きでいたいなと思う。

ヘタだなと笑われながら、時間の無駄だと言われながら、でも楽しんで人生を終えたいと思う。それはきっと幸せなことではなかろうか。


この4年間で、人生はいろいろ動いた。泣いたり笑ったりいろいろあった。でもその裏で、それとはまったく関係ない、「群馬帝国遠征軍とponta」の物語をつむげているのは幸せなことだった。

表で泣いても、クラクラがあった。クラクラで泣いても、人生はきちんと動いていた。あとで振り返ったとき、きっといまは輝いて見えるだろう。

VERUSUSのころは、クラクラのためとか、肩肘張ってがんばった。

でも今はなんとなくやっている。ただ単に、楽しそうだからやっている。

自分の子供には、お父さんはオッサンになっても楽しくやっていた人だと思い出して感じて欲しい。若い人には、オッサンになってもいろいろあるぜと言いたい。

おっさんになると、転職ができなくなるとか、容姿が衰えるとか、人生の選択肢が狭まる気がするんだけど。

それはそれとして、楽しむ心は才能なんだから、その才能がある限り、人は閉じないんじゃないだろうかと私は思う。

クラクラはいまだに楽しいし、勝つとうれしく、負けると悔しい。


いつまで俺も、クラクラをやってんのか知らないけれどさ、公認リーグなり群馬なり仲間なり。


楽しくいこうと思っている。


以上、よろしくお願いします。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ナオ より:

    よろしくお願いします🙇⤵

  2. 摩訶不思議 より:

    仕事は夜遅くまで、家では家族サービスのはずのポンタ氏が、クラン対戦したり、ブログ書いたり、ツイッターしたり、どうやってそんなに時間作り出してるのか不思議でなりません。
    睡眠時間削って、夜中に1人で頑張ってるんですか?

  3. […] お疲れ様です、pontaです。仕事が絶賛、繁忙期です。日本代表戦のころはヒマだったからいいんですが、10月から忙しくなってまいりました。毎日… 続きを読む […]

  4. えりんぎ より:

    pontaさんのひと言ひと言が心に染み渡ります。
    自分も悩まず、クラクラ楽しそうだからやってるんだって、そう思うように。

    あ、歳とともに人生の選択肢が狭まる気がするのはオンナの方がより厳しいかも。実感。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。