• このエントリーをはてなブックマークに追加

クラクラ公認リーグが始まったので、ざっくりとした感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。

SUPERCELL公認の、ウェルプレイドリーグがスタートしました。私は関係者でもあり、どうしてもポジショントーク気味になっちゃうんですが。なるべくフラットに書くと「思っていたより良かった」というのが正直なところです。TLを見てもそんな雰囲気です。

第一戦。「いつもの感謝といつもの群馬で、いつもの試合」といってしまえばそれまでですが。じゃあさらに盛り上がるマッチングはっていうと、ないんですよね。ぶっちゃけ。

今のクラクラ界において、見たい組み合わせってなくないですか。みんな仲いいし。内心ともかく、外面は平和そのものじゃないですか。

強いて言えば「ドフィ連合(Make Over!! + うらしま) VS 反ドフィ(ヤス、HAMAもんちゃん、ひろき、投げる国際問題)」は見たい。すごく見たい。内輪の極みですが。disりあいの一歩向こうの本気ってやつを、俺は見てみたいんだよー!


ただ、因縁や珍しさはいつか尽きる。ドフィさんとヤス君も、毎日殴りあうほどヒマじゃない。日本代表戦みたいな特別な試合もそうはない。


だから、クラクラを継続的に見るものとして成立させるには、こういう「特別じゃない、いつもどおりの試合を見て楽しめるようにする仕掛け」はすごく大事な気がします。


その点、4月に放映されたVERUSは味付けしまくったコテッコテの「特別な」フルコース料理でした。タレント呼んで、選手をいじって。負けたらペナルティがあって。あれはあれでめちゃくちゃ面白かったんですが、そう何度も何度もは無理だよね。めっちゃお金かかってそうだし。


それに対しWPLは「すごい仕掛けがある」というよりむしろ「余計なものをそぎ落としきった」ところに良さがあったように思います。

このへんはe-sports慣れしたウェルプレイドさんのセンスですね。

特筆すべきはテンポの良さ。5v5の普通の対戦を、待ち時間なしにされるだけでクラクラはこんなにも見るに耐えるものになるのかと。そこはちょっと驚きでした。

けいすけ&ドズルの解説も普通に良い。美術もおしゃれで、見た目もよかった。

例えるなら、アクを取って塩コショウだけで味付けをしたシンプルな料理的な。でもお皿にセンスが光る的な。


そのときの「熱」や「因縁」に頼らないシンプルなフォーマット。ここに今後、いろいろ足していくんやろなと思います。


選手の生攻めやら、イオンシネマでの観戦オフやら、オールスターやら、民間リーグとのコラボやら、なんやら。


第一回では「なんぼのんもんじゃい」と様子見だった人たちも、二回目は予選に参加したりして。


まだどこかぎこちない公認リーグではありますが、これを端緒とし、名勝負、名対決が続出し、規模も大きくなり、クラクラも盛り上がり、気が付いたら私の隣の席に藤井サチたんが座っている…。私利私欲抜きで、そんな夢を私は見ています。


以上、よろしくお願いします。




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] お疲れ様です、pontaです。SUPERCELL公認の、ウェルプレイドリーグがスタートしました。私は関係者でもあり、どうしてもポジショントー… 続きを読む […]

  2. 匿名 より:

    1時間でさくっと見れるのは良かったけど、配置や援軍の件はすごくグダグダに見えました
    感謝みたいなイベント慣れしてるクランで最初からこれじゃねぇ
    ゲーム内通知やツイートでバンバン告知しても視聴者数あれだけは悲しすぎるでしょ

  3. 匿名 より:

    内輪盛り上がりを公認するならそれはそれでいいと思います(VERSUS)。公認という名の下での内輪盛り上がり。楽しそうでなによりです。

  4. y より:

    ガチで言うなら、極惡會 vs Make Overが見たいです。
    公開舞台で攻めないMake overとか見てみたい!

  5. 匿名 より:

    内容とは関係ないですが、クラクラを離れた今でもふとした時にPontaさんのブログはなんだか読みたくなります。
    今日もまた”攻略する人”で検索してる自分がいました。お忙しいとは思いますが、これからも時々拝見させて頂きます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。