• このエントリーをはてなブックマークに追加

[ステラリス] 大ヒットSFゲーム!俺の野望は銀河すら狭い!醜い異星人を浄化して奴隷にして銀河帝国を作るのだ!の巻

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れ様です、pontaです。

私には無条件に信頼しているゲームメーカーが三つあって、ひとつはもちろんフィンランドのSUPERCELL。

ふたつめは任天堂。

そしてもう一つは、Paradox Interactiveです。

Paradoxは主にPCのストラテジーゲームを出している、スウェーデンの会社です。

三つのうち二つが北欧の会社ってのは面白いですね。ソフトウェア文化が進んでるのかな。以前、スパセルの人(フィンランド人の若い子)に聞いたらParadox知らないって言われましたけど。。。

さて先日、PCを6年ぶりに新調したのにあわせ、そのParadoxの気になるゲームを片っ端からインストールしました。

今日はその中から、「Stellaris(ステラリス)」をご紹介。2016年ににリリースされて大ヒットをぶちかましております。モバイルや家庭用ゲームとは別の文脈でヒットしてるんで、みなさんにはなじみがないと思いますが。

Stellaris

ステラリスは、西暦2200年からの宇宙を舞台にした、SFストラテジーゲーム(戦略ゲーム)となります。

ゲームを起動するとまず最初に、プレイヤーが操る国家のメイキングをすることになります。

Stellaris 2018_02_11 9_46_42

まず目につくのは「Human」。地球の人間です。民主的で平等を重んじる、浪費家ながらも冒険心が豊かな種族です。

Human

国家の名前は、「United Nations of Earth」。訳すと「地球連合国」とでもなりますでしょうか。

2200年。地球はついに統一されたとのこと。やったぜベイビー。日本国内でいろいろ揉めている「ポケット戦国」の時代からは隔世の感があります。

人類以外の種族を見るに、「スターウォーズ」や「エイリアン」に出てきそうなきっしょいきっしょい種族でいっぱいです。

musi

特にこの種族のルックスが異様に気になりますが、知性と品格を重視するこのブログではあえて触れないでおきます。キノコ型宇宙人とのことです。

きのこ

こんな ルックスで「排他主義の狂信者集団」だったり「覇権を狙う帝国主義」だったりするのが異常に怖いんですが、まあまずはなじみ深い「地球の人類」でゲーム開始します。

ちなみにこのメイキングにて「見た人みんなが好きになる、気まぐれにゃんこ型宇宙人」を作りましたがこれのプレイは次回以降にまわしますだニャン。(干物女@綾瀬はるか)

cat

さて、人類が宇宙船を完成させたところからこの物語は始まります。

Stellaris 2018_02_11 10_04_13

最初は近隣の惑星調査からスタートします。太陽系外にはまだ出られない模様。

水星で資源が見つかりいい感じ。

火星

さらに、「ほかの生命体」がこの宇宙にいる可能性も見つかり、地球人(俺)のテンションもダダ上がりです。

生命体

メイキングですでにほかの宇宙人の姿は見てはいますがやっぱりこういうのエキサイティングです。

また火星には大量の水が発見されました。

テラフォーマーズ

2200年現在、火星で人類が生きるすべはありませんが、テラフォーミング(惑星の環境を人為的に変えること)さえすれば住めそうです。いまの人類にそんな科学技術はありませんが夢は拡がります。

とりあえずゴキブリでも送り込んで植民させようかと思いましたが嫌な予感しかしないのでこれは見送ります。じょう。じじょう。

すると、隣の銀河系でシリウスなる人間が住めそうな惑星を発見。さっそく一億人ほど植民することにしました。人数がダイナミック。

植民

人類の生存範囲が大きく広がる大チャンスです。さあこっから産めよ増やせよ地に満ちよ。
さらに夢が広がりんぐ。

しかしいいことばかりではありません、民間の宇宙航空が盛んになるにつれ、宇宙海賊なる害虫どもが発生したのです。

宇宙海賊

わが国は「宇宙軍」を組織し打倒に乗り出すことにしました。平和だった地球に再度、軍隊が誕生した瞬間です。戦争がなくなれば内戦が生まれるだけなんですよ奥さん。

その後、レーダーに敵性反応!ええい、宇宙軍、初出撃!!

するとそれは隕石!海賊じゃないんかーい。急いで爆破。人類の危機を俺たちは救ったのだ…。ドワナクロザマイアイズー(BGM:アルマゲドン)。

ニコラス将軍は地球の英雄となったのです。顔が怖いけど。

隕石

その後、海賊退治からの、宇宙生物発見からの、知的生命体キター。

生物

宇宙人

地球のマスコミも大騒ぎです。我々人類は宇宙に独りぼっちじゃなかったんだ。
ありがとうありがとうこれからもよろしく。

初コンタクト

相手の宇宙人、顔はきしょいけど、そこそこ友好的でよかった。地球人の楽観的な性格が、相手の感情を刺激しなかった模様。

しかしその直後に出会った別の宇宙人はいきなり敵対的。「全体主義体制の奴隷独裁者」とのこと。北朝鮮みたいなもんだ。

殺すぞ

「人間の赤ちゃんは奴隷にふさわしいな」とか言っている。このやろうブチ殺すぞと思ったものの敵の戦力は我らを圧倒する模様。

涙を呑んで、地球で採れた貴重な鉱物を差し出し機嫌を取る。へーへーすみませんすみませんあんたはお強い。

力なきは罪。涙を流しながらの土下座外交で地球を守る。

「いつか見てろよトップクラン」。そんな心意気で国力を蓄える模様。しかし、資源が眠る宇宙のフロンティアは他国に次々と植民され塗りつぶされる。広大な宇宙空間といえども異なる宇宙人たちの生存と繁栄の前には狭いと言わざるを得ないのか。

かくなる上は、敵よりも一刻も早く国境を広げること。地球は一丸となり国力の増進に努める。

いっぽう地球では私のその急進的な政策に疑問を持った連中が派閥を作り、サボタージュなど、反抗的な態度を見せ始めた。

ええい、許さんぞ。

しかし地球は開明的な国家体制なので粛清はやりづらい。

なので、NHK(のような国営放送)プロパガンダ番組を流しつづけ、お前たちは幸福だぞと宣伝を繰り返す。

かくして国内の反感がおさまってきたころ、太陽系のはるか遠く、移民するにふさわしい、地球によく似た大型惑星を見つけることができた。

早いもでこれで10個目の移民先だ。これで我らはさらに豊かになる。

しかし移民船が地球を飛び立ったのも束の間、異星人がそのおいしい惑星に先に住みつき始めたのだ。最初に出会った友好的なあの宇宙人の野郎がやりやがったのだ。

地団太踏んで悔しがる私。このやろう。。このやろう。。。もはやあの我らを奴隷扱いした宇宙人より、にこやかなこの隣人のほうが憎たらしい始末である。あいつらのせいで、豊かな未開拓地に進むすべがなくなってしまったのだ。

いけない

最初、異星人に出会った時の喜びなどどこへやら。今はもはや、やつらは我らの敵に過ぎない。

よかろう、やってやる!!!

テクノロジーを軍事優先に振り向け、レーザーやらコイルガンやらシールドやらの開発に注力する。なんだよコイルガンって。

テクノロジー

そして我らの道を立ちふさがる敵に宣戦布告。「自由と平等の敵」から銀河を開放するとかなんとか言いがかりをつけてみた。

侮辱

ついでに侮辱を加える。侮辱ってどうやったんですかね。Twitterで煽ったのかな。

かくて、艦隊同士の戦闘が始まる。宇宙空間をレーザーとミサイルが飛び交う。一隻数百兆円(推定)の巡洋艦が惜しげもなく散華する。うおおおおお燃えるうう。

戦争

なんだかんだで我らの勝利。最新素材による装甲強化が効いた模様。戦いは質だよ兄貴!

かくして栄光の地球軍の宇宙征服の旅は今まさに始まったのである…。

とこのように、ステラリスは銀河の空白地を探索し、植民し、外交、時には戦争をしちゃうゲームなのであります。

今回のレビューでは省略しましたが、「没落した銀河帝国」だったり「ロボット」だの「失われた古代文明」だの「遺伝子組み換えによる種族の改変」といったおよそSFで出てくるような要素はたくさんあり胸躍ります。

また、Paradoxは「中世」「近世」「近代」「現代」などの歴史ゲームを出していますが、「天皇」「核」「民間人爆撃」「奴隷」「民族浄化」といったきわどいキーワードをゲーム内で扱う際は配慮せざるを得ませんでした、これまで。さすがに。

ですがこのステラリスはやり放題です。だって架空の世界なんだもの。歴史の再現性にこだわらず、変な気の回し方をせず、自由にゲームデザインをしております。

魚みたいな宇宙人を民族浄化したって誰もなんもいわねーよ的な。

また、MODと呼ばれる改造データを公式がサポートしているのも特徴です。データの改ざん、改造というとクラクラやPUBGなどのマルチプレイヤーゲームでは悪ですが、こうしたシングルゲームでは推奨さえされています。

そのため10年前のゲームでもプレイヤーの有志が改良を繰り返し今のゲームとそん色なく遊べるようになっているものさえあります。

クラクラで言ったら、プレイヤーが新ユニットを自分で作成したり、グラフィックを日本人好みに変えたり、ファーミングのバランスを変えたり、リーグをやりやすくするシステムをゲーム内に搭載したりするイメージです。

プログラムの知識なんて必要ありません。文字データをメモ帳で書き換えるだけ。画像をフォルダに置くだけ。私でも簡単にできます。

エイリアンの画像をヒーラーに変えるとかも簡単にできるんですよ。誰がエイリアンや。

でも「クラクラ風SFゲーム」とか、最高に楽しそうですね。資源はエリクサーとゴールドでさ。

これらMOD作りはゲームの寿命を飛躍的に伸ばすだけではなく、ゲーム作りに慣れた人材をたくさん産み出す副作用もありまして、MOD文化がない日本で海外のゲームプログラマーの人数に差をつけられている一因でもあったりします。

まあむつかしいことは置いておいて、美しいグラフィックと綺麗な音楽に囲まれて、豊かなSFの世界にどっぷりつかりたいとき、絶好のゲームですよ。好きな人は好き。ヒットも納得。おすすめです。

以上、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。