[ポケット戦国]下請け雑魚は、親分の靴の舐め方で成り上がれ!!―中小国家の攻略法

お疲れ様です、pontaです。

 

マイナーアプリの「ポケット戦国」はおかげさまで多くのユーザーにダウンロードいただきました。ランキング入りも果たし、うれしいです。俺には一円も入ってこねえけど。


ただ「織田」や「武田」といった大国でクリアするのは比較的容易なのですが、中小国でクリアする方法がわからないとよくご質問いただくので下記にそのコツをご紹介。

ポケット戦国の必勝法は「内政に励む」なのですが、中小国は下記「従属5か条」がとても大事です。

——————————————–
従属 5か条

1)「どの親分につくか」

2)「親分の靴を忠実に舐める」

3)「火事場泥棒」

4)「親分に貢物を渡そう」

5)「いつ親分を裏切るか」

——————————————–

1)「どの親分につくか」

事例として今回、群馬の「長野家」でデモプレイしてみましょう。

img_3185.jpg

 

開始直後、彼らの持っている城はふたつ。高崎市と藤岡市だけです。

 


群馬県の北東部、前橋市と沼田市は、従属先の上杉家に抑えられています。


北関東の一県さえもまともに抑えられない。天下に堂々たる、絵に描いたような中小国家。それがNA-GA-NO家です。

 

とはいえ、もっと田舎の、もっと城の少ない大名もあるにはあります。


「自分が特別にかわいそうだと思う」なんて言ってはいけないこと、PONTAよくわかってる。

 

でもね、長野家のいけてないところは隣に戦国最強をほこる「武田氏」が「戦争」状態でこちらを敵視しているところなのです。

親分の上杉家が武田家とクソ仲が悪いのでその巻き添えをくって長野家まで嫌われているという状況です。なんだよもう。


これで上杉家が頼りになればいいんですけど、まあ強いんですけど、新潟と群馬の距離が遠すぎて、三国峠(群馬県と新潟県との県境)をえっちらおっちらヘルプにかけつけてくれてる間に、武田家にやられちゃうんですよねー。


気持ちはありがたいんだけどさー。


なのでこの場合、初手は「敵を増やすばかりで使えない上杉家と手切れをする」が正解です。

img_3186.jpg

当然、上杉謙信は大激怒。飼い犬に手をかまれた状態。うるせー知るか馬鹿。


このままフリー、あるいは武田家についてもいいんですが、そうなると今度は逆に、上杉の謙ちゃん(武力100=ヤバイ)に叩き潰されるのがオチです。


よってここでは神奈川(北条家)の犬になりましょう。上杉家も武田家も長野家に手を出してこれなくなります。中国庇護下の北朝鮮のようなものですね。へへーんだ。

下請け元が決まって状況が落ち着いた後は、しっかり軍備を整えておきましょう。


具体的には弱い「足軽」を「騎馬」や「侍」にしたり、人材を収集するのがおすすめです。

「ポケット戦国」では序盤「内政」をするのが鉄板ですが、空っ風ふきすさぶ群馬の荒野を耕したところでたかが知れているので、ここは牙を研いでおくほうが賢明です。


北条がほどなく、千葉の里見家、千葉家にケンカをふっかけるのでそれを待つことにしましょう。


2)「親分の靴を忠実に舐める」

北条が千葉家に宣戦布告したとしても、すぐに攻めかかるのは厳禁です。群馬は人口が少ないし貧乏なので、戦力を安易にすり減らすのは得策ではありません。じっと好機を待ちましょう。


神奈川(北条家)が偉そうに「千葉家の銚子を攻めろ」と言ってくるので、そこでは申し訳程度の戦力(足軽1000~0くらい)を派遣しましょう。当然、城を攻め落とせるわけもなく、あっさりと敗退します。


大丈夫、ボスは結果を見ません。攻めかかったというその姿勢だけしか見てないのです。会社で例えるなら、「いやーすみません契約取れませんでしたー。でも部長の言うとおり訪問はしましたよー」で高く評価してもらえます。節穴か。その目は節穴なのか。


これを繰り返すうちに「長野家は義理堅い」という評判もたち、兵士の消耗なくして信望が上昇していきます。ちょろいぜ!


とにかく親分の言うとおりに動く。でも真剣にやるとは言っていない。サボることこそ、長野家の利益。靴を舐める。ただし舐めるふり。これだね。これを繰り返すうちに、北条家の長野家への好感度もうなぎのぼりです



3)「火事場泥棒」

全体を見てみると、長野家とは別に、北条家も千葉家の城へ攻め込むと思います。大兵力で。すごいすごい。

 

img_3158-1.jpg

ただ、彼らが息切れしていったん横浜に休憩に戻ったときがチャンスです。大チャンス打線です。


ボロボロになった千葉家の城へ、ここぞとばかりに全力で攻めかかり、占領してしまいましょう。汗をかいたのはボス。手柄は自分です。やりー。防御力が二桁(99以下)になったあたりがねらい目です。

img_3159-1.jpg
この火事場泥棒を繰り返すうちに、クソよりマシな程度だった長野家もあーら不思議。城を4つ、5つは持つ、ちょっとは見れる戦国大名に成長しているじゃあーりませんか。


レッツ焼け太りですよ奥さん。


4)「親分に貢物を渡す」

別に火事場泥棒をしても親分の心象は害さないのですが、ここですさず攻め取った「城」を北条家に献上しましょう。とはいっても、無差別に渡す必要はありません。ゲーム上で価値の低い城をチョイスしてギブアウェーしましょう。

img_3160-1.jpg

千葉県でいえば、将来の発展が期待できる千葉市、港湾のある館山市だけは確保してしまえば、あとは渡してしまっても構いません。


今回は持ってないんですけど、金山のある城、建設可能スペースが3つ以上ある城も貴重なので念のため。

すると、北条家の長野家への好感度は限界突破し、「その働き、あっぱれ」と城を寄進してくれることがあります。


たまに寄贈したばかりの城を返されることもありますが、たいていは、新しい、もっといい城をくれることが多いです。寒村と引き換えに大都市をくれることさえもあって、おいAIはどうなってんだ。


ありがたく頂戴しましょう。


こうして長野家は、ちゃくちゃくと豊かな城を増やしていきます。


5)「いつ裏切るか」

さて、勢力が増してくると、「いつ独立するのか」という問題に直面します。

 

「長野家(群馬)」の難しくも面白いところは周りを戦国最強クラスの4大国に囲まれているところです。

「北条家(神奈川・東京)」
「上杉家(新潟)」
「佐竹家(栃木)」
「武田家(山梨・長野)」


いずれ劣らぬ強国で、へたに独立すると、4国にいっせいに攻め込まれ、死にます。


また関東は平野なため街道が多く、守りづらい地形でもあり、とにかく死にます。

ここは独立するよりむしろ、コバンザメのようにどこかに引っ付いているほうがうまみは大きいです。


そのとき、ちょうど元彼(上杉家)から誘いが来ました。いわく、「俺んとこ、来ないか?(意訳)」。裏切った私に対して、なんて心が広い。


振り返ってみれば、今カレ(北条家)は長野家のことなんかほったらかしで、徳川家と泥沼の戦いを繰り広げていました。群馬から静岡は遠くってさ。得意の火事場泥棒はやりづらい状況でした。駆けつけるころにはさー。鎮火してんだよねー。


なので上杉家を選びました。

貴方のことが忘れられなかった的な。「行儀良く真面目なんてうんざりだった」的な。木更津の城で氣志團を叫ぶ的な。


元サヤに戻り、上杉家の下僕になった長野家は、ご挨拶とばかりに、火事場泥棒で獲得した、千葉の田舎城をいくつか新ボスに差し上げました。


謙信はこれに喜び、北陸の富山市を長野家に返礼としてくれたのでした。
img_3169.jpg
遠いわ!!

前橋と沼田をよこせ!!!

ただ、このゲームの(というか戦国時代の)富山県は金山あり、港ありの大変、豊かな国です。


群馬からは飛び地のため守るのは大変ですが、経済的にはありがたい。


気持ちを切り替え、富山に金を注ぎこみ、開発をすすめることにします。

こうした投資が実を結び、毎月の営業利益が、1万銭を越えるようになってきました。


そして、資金の余裕が生まれたことにより、鉄砲の開発を行うことができるようにもなりました。


開発に足りない金額は「資金要請」で親分にねだりましょう。懐豊かな月初にねだれば、2万銭をくれることさえあります。減少した好感度は城を渡すことで回復します。(しかも城はすぐに返却されます)

img_3168.jpg
鉄砲。魅惑の鉄砲。このゲームの鉄砲は、城攻めにも非常に役立ちますが、とくに劇的に変わるのが「守備」です。


鉄砲を持った兵士が櫓のある城に立てこもることで、何倍もの敵を容易に跳ね返すことができるようになります。


鉄砲を入手した長野家は、弱小武将を1人だけ富山に残し、全兵力を関東に集中させました。

また同時に、新潟に散らばる在野武将に声をかけ、次々と長野家に登用していきます。

img_3170.jpg

親分の国の武将を登用できる。これまた従属国家のうまみです。ゆうて今回のプレイの新潟は、上杉家の残りカスの落ちこぼれ武将しかいなかったんですが(口悪い)。いないよりマシです。見ろ。カスがカスのようだ。カスの見本市でも、明るく楽しく元気な職場です。
img_3171.jpg

その点、織田家は在野に有能な武将がたくさんいるので、おすすめです。武将不足に悩む国家は、織田家に従属するのがいいと思います。


さて、そんなカス武将とはいえ、鉄砲さえ持てばそれなりに戦える兵士になります。野戦はともかく、攻城と守城は頼りになります。


数だけは揃った長野家は、上杉家が武田とケンカをすれば長野に。北条とケンカをすれば北条に攻め込み、領土をガツガツ広げていきます。


10国、30国に到達したところで、AIが「反・長野包囲網」をしかけてきますが今回は従属国なので仕様上「反・上杉家」となります。


普段のプレーであれば周囲からいっせいに攻められて非常に辛い状況となりますが、周辺国が嫌うのはなぜか親分です。そのため、風除けがあってラクチンです。


こうしていくうちに、親分の国力を追い越すと思うので、一番効果的なタイミングで、裏切り(手切れ独立)しましょう。

img_3174.jpg

おすすめは、親分の主力が本拠から離れ遠征し、その帰り道を封鎖できるときがベストです。


今回でいえば、上杉軍が石川県に攻め込んだときに独立しました。新潟へ戻る道を、富山の堅城で栓をし、敵主力を足止めした隙に、新潟市、前橋市などを次々と奪いつくしました。

もし親分が従属国を含めて非常に強力な場合、手切れ後、即同盟を結べば時間が稼げます。そのあたりはもはや普通のプレーと同じかな。



以上、よろしくお願いします。

別ゲーム

Posted by ponta