【クラロワリーグ】奮闘する Lewis選手兼監督への応援歌

お疲れ様です、pontaです。

クラロワリーグ。みなさんは見ているでしょうか。私は観戦記者という立場で、ファミ通さんにて記事を書いています。

面白いですよ。ファミ通さんが作ったFavgaming、同じくゲームメディアが作ったGamewith、ゲームメーカーが母体のPonosSports。

いずれ劣らぬ強豪で、選手たちもタレントぞろい。けんつめし、みかん坊や、フチ、RAD、アマテラスといった昨年の日本一決定戦で活躍した有名プレイヤーたちが目白押しです。

そんな中で私がいちばん気になっているチームがありまして、「DetonatioN Gaming」です。

じつは「DetonatioN Gaming」は一番、戦績が振るっていません。ほかの3チームが上位にいるいっぽう、DetonatioN Gamingだけが下位に沈んでいます。

人気も正直、PonosやFav gamingに比べたら地味さはぬぐえません。日本一決定戦でおなじみの人がいないからね。

そのDetonatioN Gamingの大黒柱は、監督兼選手のLewis選手です。


監督といっても20歳そこそこで、眼鏡をかけた優しい印象の青年です。

この選手にかかっている負担は相当だろうなと。

というのも、同じく選手兼監督を任されているみかん坊やの傍らには、昨年日本一に輝いたフチ選手がいます。
フチ選手は研究と分析に定評があり、ブレインとしてこの負担を担っていることが推測されます。

また、みかん坊や選手には圧倒的な実力があり、見るからに強烈なリーダーシップがにじみ出ています。


▲みかん坊やは一番左

Fav Gamingには現役選手としても十分通用するトッププレイヤーのおこめちん監督がいます。自他ともに認める鬼教官ですが、選手たちから頼られている感は相当なものです。


▲おこめちん監督は兄貴分

Gamewithの大場監督もクラロワに通暁しており、試合中もさまざまに作戦を指示しています。見るからに頼もしいです。


▲大場監督。髭がなんか頼もしい。

いずれも特定の選手にだけ重荷が集中しないようなサポート体制がある中で、DetonatioN Gamingだけは、Lewis選手だけはたった一人に重責が担わされているように見えて仕方ないのです。

もちろん、DetonatioN Gamingのkoo選手やピラメキ選手はいい子で、優れた選手です。

ただ、それにしてもこの16歳と18歳の二人に競技以外の役割まで期待するというのもなんか違うなと。まつもとん選手もお忙しそうだし。。。

ちょうどいいスタッフはいねーのかと、心配になっているきょうこのごろです。


▲Lewis選手からにじみ出る「母子家庭でお兄ちゃんが家計を支えてる感」

ただLewis選手のえらいところは、微笑みをたやさないところ。愚痴らないところ。

全戦、体調を許す限りは試合に出て、戦後、相手選手に感謝の礼をする。

崩れず、つぶれず、投げ出さず。ただ微笑んで精進を誓う。仲間とチームが好きなのがにじみ出ています。

そういうリーダーシップでDetonatioN Gamingを引っ張っているんだろうなと思うと、偉いなあとしか。

ほかの人なら、とっくの昔に折れても仕方のない状況でがんばっているように見えるんですよね。

もちろんesportsのいちばん華やかな姿を体現している、みかん坊や選手や、けんつめし選手を応援する人が多いのはわかる。

ただそれと同時に、学業と両立しながら、チーム成績、環境の苦しい中でも笑って奮闘しているLewis選手の応援しがいも相当あるんじゃないかなと思う次第。

がんばれ、Lewis。君は一人じゃないんだぞと。見ている人は見ているし、応援しているんだぞと。

そんなことを言ってあげたい今日この頃です。みなさんも、ぜひ応援を。

以上、よろしくお願いします。

未分類

Posted by ponta